サイトへ戻る

ネクセリア東日本株式会社

東京都港区

· 導入事例

サービスエリアから地域の魅力を発信

お子さま連れが安心してお出かけできるために

NEXCO東日本グループでは、関東圏から北海道に至る高速道路のサービスエリア・パーキングエリア(SA・PA)にて商業施設の管理・運営を行っています。「クルマの旅に、もうひとつのよろこびを。」をテーマに、地域との交流を通じて、社会の発展に貢献する取り組みを積極的に行っています。

NEXCO東日本が運営するサービスエリア(以下、SA)にて、複数台の「mamaro」をご利用いただいています。「mamaro」を導入するに至った経緯や、実際に運用されるなかでの率直なご感想について、NEXCO東日本グループの一員であるネクセリア東日本株式会社の篠原さま、春日さまに伺いました。

NEXCO東日本グループ

ネクセリア東日本株式会社

事業計画部 計画課 篠原健太さま

          春日紗希さま

これまでベビーケアルームのなかった多数のSAへ新しく整備

NEXCO東日本グループでは、お客さまのご利用シーンに合わせて、これまで多くのSA・PAにベビーケアルームを整備してきました。より快適にご利用いただけるよう、お客さまのニーズに合わせて整備を進めてきましたが、一方で建物規模の小さな施設には、限られたスペースの中で、ベビーケアルームを整備することが難しいという課題もありました。

そんな中で出会ったのが「mamaro」でした。畳約1畳分というわずかなスペースにも設置することが出来る「mamaro」はとても魅力的で、建物規模の小さな施設にベビーケアルームを整備する際の手段の一つとなりました。

また、時期を同じくして、国土交通省から全国のSAへベビーケアルームを設けるようガイドラインが出されました。

このこともあいまって、SAへのベビーケアルームの新規設置は急速に進んでいきました。

*サービスエリアや「道の駅」における子育て応援の今後の取組方針(2018年9月、国土交通省)http://www.mlit.go.jp/common/001255859.pdf

▲ 岩見沢SA(下り線)に設置されているmamaro

お客さまを第一に考えて スピーディーに設置できる点が魅力

「mamaro」導入の決め手は、省スペースであることの他にも、特別な工事が不要で、スピーディーに設置できるという点です。SAは公共的な場所ですので、工事のためにお客さまがSAをご利用できない、という状況をなるべく作らずに、ベビーケアルームを設置したいと考えていました。そのため、1日で設置できる「mamaro」は相性が良かったのです。

さらに、コスト面でも「mamaro」には大変助けられました。改修工事をしてベビーケアルームを整備するのに比べると、「mamaro」を導入した方が、コストが半分ほどに抑えられたのです。

こうして「mamaro」を活用しながら、これまでベビーケアルームがなかった施設にも整備を進め、現在ではNEXCO東日本管内のSAのうち21箇所にて「mamaro」を活用しています。「mamaro」があったおかげで、お客さまの利便性向上のために、スピーディーに整備できたことに感謝しています。

社内でも「mamaro」への好意的な意見は多く、今後もより沢山のお客さまに知っていただきたいと感じています。

ベビーケアルームで安心の提供 SAへの立ち寄り動機創出にも

これまではベビーケアルームがなければ、車で授乳をする方もいたと思います。しかし、「mamaro」 を導入したことで、「授乳スペースがあるなら、車から降りてリフレッシュしよう」と、SAをご利用いただく機会に繋がるのでは、と期待しています。

また、「mamaro」の日常管理をテナントさまにお願いするにあたり、セキュリティ面などに心配もありました。しかし、導入後は管理の負担感もなく、セキュリティ面も問題なく運用できており、ほっとしています。

今後気になる点としては、夏場の暑さがありますが、扇風機などのオプションサービスが増えているということなので、改善しながらパワーアップしていく「mamaro」に期待しています。

全国のSAにベビーケアルームが整備されることで、お子さま連れのお客さまのお出かけを、少しでも安心で快適なものにできればと思っています。

地域とお客さまの繋がりを大切に お子さま連れも安心してドライブできる社会へ

私たちは子育て世代のお客さまにもより快適にご利用いただけるよう、地域の発展とお客さまとのつながりを大切に考えた施設作りを心がけています。そのためSA・PAでは、ベビーケアルームの整備のほかにもキッズコーナーや小さいお子さまと一緒に食事をできるスペースを設けたり、お子さま用のメニューを提供したり、おむつのばら売り販売なども行っています。

他にも、「交通安全キャンペーン」の一環として、パトカーや白バイをSA・PAに呼び、お子さまが写真撮影などを楽しめるイベントを開催したり、「交通安全免許証を作ろう」と題し、お子さまの名前入りのオリジナル免許証が作れるワークショップを開催したりと、お子さま連れのお客さまに楽しんでいただける取り組みも行っています。現在は、新型コロナウィルスの影響で、集客イベント等の開催が難しい状況にありますが、今後また開催出来る時が来た際には、お客さまに安心して楽しんでいただけるよう取り組んでいきたいと思っております。

また、地域の発展に貢献するため、「地域のショーウィンドウ化」を掲げ、各地域の魅力的な商品や情報をより多くの方に発信したいという思いでSA・PAを運営しています。

これからもSA・PAの魅力を高めて、お子さま連れのお客さまがご安心してお出かけしやすい世の中へ貢献していけたらと思います。

ドライブの際には、ぜひSA・PAをご利用ください。

▲「キッズコーナー」の例

■NEXCO東日本グループ運営のSAに設置されているmamaro一覧

道央自動車道:砂川SA(上下線)、岩見沢SA(上下線)、有珠山SA(下り線)

八戸自動車道:折爪SA(上下線) 

東北自動車道:花輪SA(上下線)

秋田自動車道:西仙北SA(上り線)、錦秋湖SA(集約)

磐越自動車道:阿賀野川SA(上下線)、阿武隈高原SA(上下線)※

関越自動車道:塩沢石打SA(上下線)

北陸自動車道:名立谷浜SA(上下線)

上信越自動車道:妙高SA(上下線)

SA・PAに関する情報は「ドラぷら」

https://www.driveplaza.com/sapa/

ネクセリア東日本

https://e-nexco-nex-area.co.jp/

mamaro®についてもっと詳しく

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK